コンテントヘッダー

スポンサーサイト

*画像をクリックすると別ウィンドウが開きます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←共感してくれたらポチっとな!!

このページのトップへ
コンテントヘッダー

離婚は子供の脳を破壊する

*画像をクリックすると別ウィンドウが開きます


 三船美佳高橋ジョージの泥沼離婚裁判。

 あまり人の事はいいたくないが、
 芸能人は私たちにとって
 ある種、分かりやすいお手本でもある。

 人のふり見て我がふり直せ

 「今が一番幸せ」と笑顔で語る三船に
 背筋が凍りついた男性は多いだろう。

 三船は「子供を第一に新しい人生を歩みたい」と
 言ったそうだが、子供が第一なら離婚してはいけない。

   

 DVやドラッグは論外として
 離婚は決して子供の右脳によい影響を与えない

 子供には必ず両親に甘えたい時期がある。
 幼少期だけが甘えではない。
 中学生の反抗期も、成人後のおねだりも
 これら全て「親への甘え」なのだ。

 思いっきり甘えさせてもらうことで
 両親の愛情をしっかりと感じ、
 安心して社会に踏み出すことが出来る。

 どんなに父親が料理上手でも母親の味噌汁にかなわないように
 どんなに母親が運動神経抜群でも父親の肩車にはかなわない。

 父親と母親では役割が違うのだ。

 女性は自分を正当化する生き物であるから、
 必ず「離婚してよかったー!!!」と言う。
 言わないと、その高いプライドを満足できない。

   

 今回は離婚協議では決着がつかず、
 離婚訴訟までいっていってしまった最悪のパターン。

 モラハラね。
 最近の離婚時には必ず女性は
 この便利な言葉を使う。

 相手に浮気、借金、暴力等の落ち度が無くて
 それでも自分の都合で離婚したい場合に
 使われる魔法の言葉だ。

 裁判長も世間もバカではない。
 「ああ他に好きな男でもできたんだろう。」
 「身勝手な女だ。」
 という印象しか残らない。

 確かに高橋はTVを見ていても
 空気を読まず怒鳴り散らす場面を見たことがある。
 「人が死んでるんだよ!ヘラヘラ笑ってんじゃねー!」
 サンジャポでゲストに噛みついてた時だっけ。

 確かに正しい。
 だけど「空気読めや!」と言いたくなる。

   

 そもそもモラハラって何?
 夜遊びを禁止された?
 当り前じゃん!
 子供いるんでしょ?
 あなた若い男と腕組みデート撮られた前科があるでしょ!

 ゆずの周りのママ達も
 送別会やお付き合いで飲み会に参加することはあっても
 1次会で「旦那に子供あずけてるから」と言って帰ってゆく。
 「旦那が子供見てくれてるから終電まで遊びましょ!!」
 なんて女性は必ず近い将来、離婚している。

 モラハラって、嫌がらせしてるわけじゃなくて、
 生活上直して欲しくって仕方なく注意することもある。
 どこの家庭も亭主関白か、かかあ天下の
 どっちかなのだから、必ずモラハラに当てはまる。

 モラハラの本を法廷に提出するといった
 前代未聞の愚行。
 「私は何も証拠を持ってません」
 「自分の身勝手で家を出ました」
 って言ってるようなもんだ。

   

 女性は直感で生きてる。
 限りなく動物に近い。
 いったん、こうと思ったら周りが見えなくなる。

 好きだから結婚します。
 嫌いになったから離婚します。

 この程度なのだ。

子供よりも自分の感情が優先
 「まだ若いしイイ人見つけて再婚すればいいわ」
 ぐらいにしか思ってない。

 だが父親にも母親にも代わりはいない
 再婚しても所詮はニセモノ。

 親が離婚している子供は、大小の差はあれ、
 精神疾患を抱えている。
 もちろん優秀で一流大学を経て一流企業に就職する子もいる。
 しかし、直接話をしてみると、どこかネジが1本外れているのだ。

 親同様、安易に離婚を選ぶ傾向も強い。
 離婚家系の子供は必ずムキになって反論する。
 「親が離婚してるからって、カンケーねーし。」

 しかし、残念ながら事実だ。
 統計上でも証明されている。

 嫌な事を克服できず、解決できず、
 ただただ逃げ出し、ニセモノで気を紛らわす人生。

 本物の両親の本物の愛情を知らない子供たち
 だからニセモノでも満足できる。
 だって本物知らないから

 そういう子供は生き方も適当だ。
 だって社会に出る前から
 「普通の家庭とは違うし」
 という劣等感からスタートしているから。

 離婚の90%は女性側から切り出す。
 「ひと言では説明できない。」
 「夫婦は他人に分からないけど色々あるのよ。」
 「価値観の不一致」
 「浮気されたのー」
 と言い訳するが、よくよく聞けばたいした理由は無い。

 他人に言えば
 「そんなことで離婚?」
 「バカじゃないの?」
 「くだらない。身勝手すぎる。」
 と言われるのが嫌だから
 「他人には分からない複雑な事情があるのよ」
 とごまかすのだ。

 子供の人生を壊す理由にしては
 あまりにも安っぽい。

 離婚を選ぶ女性は
 子供よりも自分が好きな人だ。

 嫌なことがあれば逃げ出す人だ。

 こんな人は子供を産む資格が無い。
 子供を幸せに出来ないなら
 産むべきではない。

 このお粗末な生き物に
 男性も子供達も犠牲になってゆく。

 もう一度言おう!
 離婚は子供の脳も人生も狂わせる。
 決して離婚してはいけない。
 解決の道を探ろう!
 それが出来ない人は何をやってもダメな人だ。

スポンサーサイト
←共感してくれたらポチっとな!!

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。